ブログについて

映画やTVドラマなどを観ていて、その中で流れてくる音楽、撮影に使われた建築やセットのデザイン、舞台の背景となるインテリア、登場人物が手にしているガジェットやプロダクトなどが気になったことはありませんか?
このブログでは、映画やTVドラマの中に登場するさまざまなものを調べて紹介していきます。そうしたものにも目を向けてみると、映画やTVドラマが今まで以上に楽しくなるはずです。映画、TVドラマ、音楽、建築、インテリアのどれかに興味がある方に、また自分と同じようにそのどれもが寝ても覚めても好きでたまらないという方に、面白いと思ってくれるような記事を発見してもらえたらという思いで書いています。


※ご質問は伊泉龍一 公式サイトよりお願いします。伊泉龍一公式サイトはこちら

執筆者:伊泉龍一(いずみりゅういち)

ブログ以外には、以下のような書籍の翻訳をしたり、本を書いたりもしています。




ドン・ラティン 著
『ハーバード・サイケデリック・クラブ ―ティモシー・リアリー、ラム・ダス、ヒューストン・スミス、アンドルー・ワイルは、いかにして50年代に終止符を打ち、新たな時代を先導したのか?』



デヴィッド・ヘップワース 著
『アンコモン・ピープル ―「ロック・スター」の誕生から終焉まで』



サラ・バートレット 著
『アイコニック・タロット イタリア・ルネサンスの寓意画から現代のタロット・アートの世界まで』



ジェイソン・ヘラー 著
『ストレンジ・スターズ ―デヴィッド・ボウイ、ポップ・ミュージック、そしてSFが激発した十年』



ピーター・ビーバガル 著
『シーズン・オブ・ザ・ウィッチ -いかにしてオカルトはロックンロールを救ったのか』

映画『ウォッチメン』の中のコメディアンの部屋にあるチェアーー深澤直人氏がデザインしたマジスのデジャヴ・スツールなど

映画  インテリア   / 2023.12.01

 

 今回も前回と同様、映画『ウォッチメン(Watchmen)』の中のコメディアン(Comedian)の部屋のインテリアをじっくりと覗いてみたいと思います。

 まずは念のために、前回と同じく格闘シーンが繰り広げられる舞台となるコメディアンの部屋が映る場面を以下に掲載しておきます。

映画『ウォッチメン(Watchmen)』のコメディアンの部屋

 前回は壁紙に注目しましたが、今回は部屋の中の家具に目を向けてみたいと思います。

映画『ウォッチメン(Watchmen)』の中のコメディアンの部屋

 まずは窓際に置かれているラウンジ・チェアをご覧ください。これは映画やテレビ・シリーズの中の男性の部屋でしょっちゅう見かける超がつくほど有名なチェアです。

 以前にこのブログの中で、映画『トロン:レガシー(Tron:Legacy)』の中のジェフ・ブリッジス演じるケヴィン・フリンが住んでいる「セイフハウス(Safehouse)」のインテリア・デザインについて書いた記事でも言及しましたが、インテリア好きな人にはお馴染みの「イームズ・ラウンジ・チェア(670)(Eames Lounge Chair(670))」と「オットマン(671)(Ottoman(671))」です。アメリカのチャールズ&レイ・イームズ(Charles & Ray Eames)がデザインし、1956年にアメリカのハーマン・ミラー(Herman Miller)社から発売されました。

 コメディアンの部屋に置いてあるのは、おそらくシェルの部分がエボニーのイームズのラウンジ・チェアではないかと思われます。以下で実際のイームズのラウンジ・チェアをご覧ください。画像はHerman Millerの商品ページから引用しました。

イームズ・ラウンジ・チェアとオットマン

 言うまでもなく、モダニズムの建築とイームズ・ラウンジ・チェアはぴったりきますね。 

 では次にキッチンが映っている以下の場面をご覧ください。

映画『ウォッチメン(Watchmen)』の中のコメディアンの部屋

 向かって左側の方にスツールがふたつありますね。これはもしかすると2005年にイタリアのマジスから発売された深澤直人氏によるデザインのデジャヴ・スツール(DÉJÀ-VU STOOL)なのでしょうか? 以下の画像はhaus商品ページから引用しました。

イタリアのマジスから発売された深澤直人氏によるデザインのデジャヴ・スツール(DÉJÀ-VU STOOL)

 アルミニウムのミラー仕上げのとても美しいスツールです。モダンな家具が好きで、自宅にアイランド型のとても広いキッチンがある、あるいはご自宅にプライベート・バーがあるという方は、きっとこのスツールをお使いになられているのでしょう。

 以下のデジャヴ・スツールが5脚並んだキッチンをご覧ください。画像はMAGISの通販サイトの商品ページから引用しました。

イタリアのマジスから発売された深澤直人氏によるデザインのデジャヴ・スツール(DÉJÀ-VU STOOL)

 ついでの話になりますが、コメディアンの部屋の家具とは直接関係ありませんが、以下のチェアをご覧ください。画像はMAGIS通販サイトから引用しました。

イタリアのマジスから発売された深澤直人氏によるデザインのデジャヴ・チェア(DÉJÀ-VU CHAIR)

 こちらも深沢直人氏のデザインによるデジャヴ・シリーズのチェアです。冷たい素材とかわいらしい形状のミックスが魅力的じゃないですか? 以下でダイニング・チェアとして使われている写真をご覧ください。

イタリアのマジスから発売された深澤直人氏によるデザインのデジャヴ・チェア(DÉJÀ-VU CHAIR)

 無機質な金属の家具が好きな方だったら、これぞまさに理想的なダイニングじゃないでしょうか? 本題とはまったく関係ないですが、例えば、以下のトーヨー・キッチンのINOシリーズのリニア・メタルのキッチンにして、そのそばに上の写真のようにデジャヴ・チェアを置いてダイニング空間を作ると、この上なくクールな部屋になることは間違いなしですね。以下の画像はTOYO KITCHEN STYLE商品ページから引用しました。

トーヨー・キッチンのINOシリーズのリニア・メタルのキッチン

 さらについでに以下のミラーはいかがですか? 画像はMAGISの通販サイトの商品ページから引用しました。

イタリアのマジスから発売された深澤直人氏によるデザインのデジャヴ・チェア(DÉJÀ-VU MIRROR)

 これも深沢直人氏のデザインした同じくデジャヴ・シリーズのミラーです。壁にかけるのではなく、床に置かれているというのがまた様になっていますね。この写真を見ていて思いますが、デジャヴ・ミラーはモダンなインテリアだけでなく、いわゆるインダストリアルなインテリアとかにも合わせられますね。

 さて、コメディアンの部屋の別の家具へとさらに目を向けて見ましょう。以下の向かって右側の黒いチェアをご覧ください。

映画『ウォッチメン(Watchmen)』の中のコメディアンの部屋

 このシンプルなデザインのチェアは、ドイツ出身のデザイナー、ジャスパー・モリスン(JASPER MORRISON)によって1999年にデザインされ、マジスで販売されているエアチェア(AIR-CHAIR )に似て見えます。

  以下のエアチェアの写真をご覧ください。画像はARCHITONICAir-Chairのページから引用しました。

ジャスパー・モリスンによってデザインされたマジスで販売されているエアチェア(AIR-CHAIR )

 映画の中でコメディアンがキッチンの方へ放り投げられる場面で、ぶっかってチェアが半回転ほど動く様子(最初に掲載した動画の1分7秒から9秒あたり)を見ると、重量的に重たくないチェアであるように見えます。で、このエアチェアは、グラスファイバー入りポリプロピレン製でエアーモールド成型の超軽量ですので、映画の中の動き的にはぴったりきます。 

 ちなみにですが、MAGISの商品ページを見ると、エアチェアはオレンジ、 ベージュ、ホワイト、ブラックがあり、スタッキングも可能です。また、アウトドアでも使用できます。例えばアウトドアでオレンジだとこんな感じです。以下の画像はMAGIS商品ページから引用しました。

ジャスパー・モリスンによってデザインされたマジスで販売されているエアチェア(AIR-CHAIR )

 これを書いている今は、これから冬が本格化していく12月1日ですが、この屋外に置かれているオレンジのエアチェアを見ていると、南半球の暖かい場所に行って、アウトドアでよく冷えたスパークリング・ワインを飲むことを想像してしまいます。

 今回は、映画『ウォッチメン』の中のコメディアンの部屋で使われているチェアとスツールに注目してみました。次回はコメディアンの部屋の照明をチェックしてみたいと思います。

 

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

ページトップに戻る